ホーム > 精神科医療連携室 > 訪問看護センターについて

外来診療

精神科訪問看護とは

 退院後あるいは外来通院をされている患者さんが、自宅で安心して治療を継続しながら、よりよい社会生活を送れるように支援します。

 看護師・精神保健福祉士などの専門職が、利用者の了解を得てご自宅に伺い病状の確認・生活の援助・相談などを行っていきます。

 外来受診が困難な患者さんについては、場合によって医師も同伴して往診・訪問看護を行います。

 訪問頻度は症状・必要度に応じ、週3回から月に1回くらいまでです。訪問時間は30分〜1時間程度です。

活動内容

  • 病状や服薬の確認、療養生活を続けていく上での不安などの解消
  • 日常生活を上手くやっていくための相談・指導・援助
  • 引きこもりがちな患者さんとの話し相手、買い物・散歩などの同伴外出
  • 家族への精神的な援助
  • 役所や銀行などでの手続きの援助、年金などの請求の相談
  • 手芸や遊び・料理・スポーツなどを通しての精神科リハビリテーション的な援助

費用について

 外来受診と同様、各種健康保険・生活保護を利用できます。また自立支援医療費制度を利用される方は1割の負担(上限あり)となります。

お問い合わせ

医療法人如月会 訪問看護センター(若草病院 5 階)
<TEL> 0985-28-2801