ホーム > 入院のご案内 > 作業療法

作業療法

精神科作業療法(OT)とは

 精神機能の障害によって生活に支障をきたしている人に対して、実際に「作業活動(手工芸・仕事・遊び・趣味などのプログラム)」を通して、低下した能力の回復、必要な技能の獲得を促し、生活の様々な面で、その人らしく暮らせるよう支援していくものです。

目的

(1)病状の安定
心の安定と身体の健康が得られるように活動を通して病状の安定を図り、回復を促進します。作業活動には気分転換、情緒の安定、ストレス発散などの効果があります。
(2)対人関係の改善
人との関わりを持つことが苦手な人に、様々な活動を通して人と交流する機会を提供し、他者と上手く関わるための方法を練習します。
(3)生活を取り戻すための援助
「やった、できた」などの体験を通して、心身の回復を図ります。様々な活動を通し自分を表現したりして自分にできる事を確かめ自信が持てるように援助します。
(4)安定した生活への援助
病気のために生活が不規則になりやすいため、定期的な作業療法への参加を促し生活リズムを整えていきます。

対象

  • やる気が出ない
  • 興味関心が減る
  • 集中力や体力が低下する
  • 自信が持てない
  • 生活技能や作業能力が低下する
  • 何かしていないと落ち着かない
  • 人とうまく付き合えない

などの悩みを抱えている人が対象です。

活動内容

  • 手工芸(和紙工芸・ビーズ細工・革細工・塗り絵・プラモデル・パズルなど)
  • 音楽活動
  • お菓子作り
  • スポーツ(バレー・卓球・ソフトボールなど)
  • 映画鑑賞
  • レクリエーション

など集団や個別で対応しています。

作業療法週間活動