ホーム > 入院のご案内 > 疾患教育

入院案内

疾患教育とは

  • 精神障害といった受容しにくい問題を持つ人たちに対して、個別の療養生活に必要な知識や情報を心理面への十分な配慮をしながら伝え、 病気や障害の結果もたらされる諸問題、諸困難に対する対処や工夫をともに考えることによって、主体的な療養生活を営めるよう援助する技法のことです。

具体的な内容

  • 10回を1クールとし、毎週火曜日、金曜日の午前10時から2階救急病棟で実施しております。
  • 患者さんのご家族で参加を希望される方は、病棟(0985-28-2698)までお問い合わせください。
2階救急病棟 グループ学習会 日程表
テーマ 内容 担当者
1回目 行動制限/エゴグラム 行動制限、責任レベル、エゴグラム 作業療法士/心理療法士
2回目 生活障害とリハビリについて 生活障害とリハビリテーション 作業療法士
3回目 栄養教室 ウェルネス体操 心理療法士
4回目 栄養教室 糖尿病とメタボリックについて 管理栄養士
5回目 疾患教育 統合失調症と双極性障害について 看護師
6回目 服薬教室 服薬DVD 作業療法士
7回目 服薬教室 薬剤師による精神薬の説明 薬剤師
8回目 社会資源 社会資源の有効活用 精神保健福祉士
9回目 社会資源 社会資源DVD、訪問看護の説明 訪問看護ステーションこころ
10回目 再入院防止教室 退院後の生活プラン、再発のサイン 心理療法士