ホーム > 外来のご案内 > 治療抵抗性統合失調症について

外来診療

治療抵抗性統合失調症とは

 統合失調症は、脳機能障害の一つで、考えや感情がまとまりにくい状態となり、「頭の中に響いてくる声」などに怯えて家から出られなくなるなど、 今までは何気なくできていたことができなくなってしまう病気です。治療薬をきちんと用いれば、多くの方が以前とあまり変わりない生活が送れるようになります。 しかし、複数の治療薬を十分な量、十分な期間用いても、あるいは副作用のため十分な増量ができず、 病気の症状により長期にわたる入院を余儀なくされたり、 家に引きこもって外に出られなかったりして生活に重度の支障をきたしている方々がおり、そのような状態を「治療抵抗性統合失調症」と呼びます。

clozapineについて

 clozapineは、現在アメリカ、ヨーロッパはもとより、韓国や中国などアジアの国々でも広く使用されており、治療抵抗性統合失調症に対して高い治療効果があると評価されています。 また、clozapineは、遅発性錐体外路症状という、抗精神病薬の治療中に出現しやすい副作用を起こしにくいという特長も有しています。

 効果もあり、利点の多い薬ですが、「無顆粒球症」等の重い副作用が起きる可能性があります。顆粒球というのは、外からの異物、細菌、 ウイルスなどを殺す白血球の一種です。かなり減った状態が続くと容易に感染しやすくなります。1975年、フィンランドにおいて、 clozapine服用中の16名の患者さんに無顆粒球症が起き、8名が亡くなったという報告があり、世界各国で販売・治験中止となり、 日本でも承認申請が取り下げられていました。この他に、体重増加、糖尿病、高脂血症といった代謝異常も、他の薬に比べると多いという報告があり、 決して万能な薬ではありません。

 しかし、そのような重い副作用があり、一度は販売中止になったにもかかわらず、現在世界の多くの国々でこの薬が使用されているのは、 今までの治療では良くならなかった治療抵抗性統合失調症に対して、他の治療薬と比べて明らかに効果が認められ、 それによって多くの患者さんの生活に希望をもたらしたという実績があるからです。

クロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)について

 今回日本でclozapineを安全に使うために、海外でも運用されているシステムが導入されました。 clozapineを使用するにあたって、病院、医師、薬剤師、コーディネーター、患者さんは、CPMSというシステムに登録を行います。

 これは、それぞれの患者さんに対して、適切な頻度で検査が行われ、安全に使用されているかを絶えず確認することを一つの目的としています。 万が一、無顆粒球症を起こした場合にも、早期発見して適切な治療を受けることで、後遺症なく回復できることを目指すものです。

clozapineの使用経験から

 当院では、宮崎大学のご協力などもいただき、平成21年12月からclozapineの投与をできる登録施設となり、 以来平成23年1月現在までに、27名の患者さんとご家族の承諾を得て、clozapineを使用してきました。 残念ながら3名の患者さんは、白血球が使用できる基準値を下回り、投与を中止しました。 しかし、CPMSに沿った検査とフォローによって、後遺症なく元の治療に戻っています。 その他の副作用のため、他に1名の患者さんが投与中止していますが、それ以外の患者さんでは、今までの薬剤では得られなかったような効果が確認できています。 特に効果を感じているのは、「ちゃんと話ができるようになれる」というところです。 幻覚や妄想を改善する効果や、体が震える、舌がもつれるといった他の薬で困っていた副作用が少ない点も確認できていますが、 この1年間の使用経験で最も強い効果を感じたのは、本人が苦しんでいること、望んでいることを、 こちらが理解できるようになった点だと思います。患者さんが感じていた、「伝えたいことを伝えられない」ことからくる苛立ちや不安、 家族の方や職員が感じていた「何を考えているか分かってあげられない」というもどかしさがなくなることで、 長期にわたり入院していた患者さんたちが退院できる、大きなきっかけとなるのではないかと感じています。

お問い合わせ

 clozapineについて詳しい説明を受けたいという患者さんやご家族の方は、まず当院の精神科医療連携室にご相談ください。
 またノバルティス ファーマ社による専用サイトに詳細な説明があります。

医療法人如月会 医療連携室 clozapine相談係
<若草病院代表>電話:0985-28-2801 ファックス:0985-20-0819
相談受付時間 月〜金 8:30〜17:00